フェイシャルエステシャンのきめ細かいサービスと翻訳

PR | 中学受験のブログ | 加古川市で離婚問題に特化した弁護士 | 栃木県の豊富な症例データを持つ薄毛治療院| 大阪市の予防から発毛まで治療するAGAクリニック |

学生の頃からニキビや吹き出物ができやすいので、自分でスキンケアなど色々試したり、メイクやマツエクなど美容に関してかなり気にかけるようになりました。なので仕事はフェイシャルエステシャンになりたいな〜と考えるようになりました。フェイシャルエステシャンは、お客様方が心地よい癒しを求め、そして綺麗になった自分を体感できるようなサービスを提供することができるので、憧れの職業として学生の頃から気になっていました。東京の美容専門学校のオープンキャンパスにも参加したこともあります。

大手のエステサロンで社員の募集があったの応募してみると、社員教育からエステシャンの育成まで幅広く対応しているので、しっかり勉強してキャリアを積み重ねていくことにしました。フェイシャルエステシャンは、肌に関してしっかり勉強することも重要ですし、肌の状態によって使用する美容液やオイル、洗顔料など様々な部分を考慮する必要があるので、とても勉強になりました。

そして特に女性は、生理前になると肌トラブルを起こしたり、体のコンディションがあまり良くない状態になることもあるため、しっかりと対策することが必要になります。そういうのもあり、やはり普段の生活の中でしっかりとエステシャンとして意識してレベルアップしていく必要があるな〜と実感するようになりました。フェイシャルエステシャンになってから、お客様方へまず肌のコンディションを確認した後、気になる部分を相談受けるなど、しっかりカウンセリングを行うことにしました。

お客様方が安心できるよう、しっかりと話しを聞く事は重要になります。そして安心感を与えた後にお客様方へ最適なプランを提供して施術を行っています。毛穴の汚れは超音波粒子で落とすなど、最新マシンを利用して行うので、それなりに実習もありますし、資格取得なども多々行った上でエステシャンとしてレベルアップすることができました。お客様方は施術中には寝る方も多いので、リラックスできる環境を与えて安心できるサービスを心がけています。

よく、英語なんて辞書があるから学ばなくてもいいじゃないか、という声を聞きます。最もだと思います。ですが、翻訳をする場合、実際は辞書があっても仕事としては成り立たないとわかりました。今、グーグルの翻訳機能もあれば、翻訳をしてくれるアプリもいくつか出ていますよね。

ですから、誰だって外国語の翻訳がかんたんにできてしまうかと思いきや、実際はそうではなかったりしますから。だって、日本語だってそうですけれど、意味の幅って英語も狭くはないのですよ。

そりゃあ、「cat」は9.5割以上の確率で「猫」って訳していいですよ。しかし「take(テイク)」ひとつとっても、意味はいくつもありますからね。ですから、ロボットではなく人間が考えて、微調整する必要は絶対にあると思うのです。それに、場合によっては、翻訳アプリが「take」を日本語の「タケ(英語の意味ではbamboo)」と訳さないとも限りませんからね。そしてまたその逆しかり。

ですから、翻訳者がほとんど英語を知らないというのはまずいでしょう。海外旅行中の英会話程度でしたら、翻訳アプリ活用でいいと思うのですが、仕事として翻訳を請け負うのでしたら、高校英語程度は習得している英語力でないと成立しないと思いますので。

ネットで文章を翻訳する仕事をした時、わからない文章があった時に単語をちくいち調べるというのはかなりのストレスだったのです。もし私の頭の中に既にその単語があればスラスラと訳せられるのにと思うと、やはり自分で勉強して頭に入れておいた方がよっぽど効率が良いと感じました。

また、単語はわかるのに見慣れない表現があると、それは辞書では見つけられなかったこともしばしば。この場合は文脈から訳せないとお手上げ状態です。特にスラングだったりその地域でしか使われていない言葉だとやはり辞書や翻訳サイトは役に立たないので、見分を広げておき、その地域の文化を知るということも必須になってくるなと思いました。翻訳は通訳に比べて時間はありますが、だからと言って辞書頼みではできませんでした。

PR|英語上達の秘訣|クレジットカードの即日発行じゃけん|内職 アルバイト|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の口コミ.COM|住宅リフォーム総合情報|マッサージのリアル口コミ.com|生命保険の選び方|ダイエットチャレンジ100日|AGAでお悩み解決|エステサロンを上手に利用する情報サイト