翻訳作業は充実して幸せな時間

外国語の翻訳作業をしていると、海外在住や留学の経験があったほうが有利だと思うことがあります。
私は海外旅行へは数回しか言っていませんし、在住や留学の経験もありません。

国内で語学学校へはかなり通っていたので、ネイティブの先生に教わった期間も長く、それは翻訳作業をしていく中で、とても役に立っていると思います。

日本にいる外国人を接する機会も、日常生活では皆無に近い状態です。
しかし、語学学校を通して、いろいろな国の人と交流することができ、言葉以外のことも学ぶことができました。

その分視野が広くなり、日本の外側から日本を見つめ直すこともできるようになりました。

翻訳作業にはいろいろなスキルが必要だと感じています。
外国語はもちろんのこと、日本語力も必要です。

翻訳力や幅広い知識も必要になってきます。
また、何を翻訳するかによっても、知識の習得は変わってきます。

私にとって翻訳作業はとても難しいですが、最もやりがいのある作業です。
その時間はとても充実していますし、幸せを実感できます。